ドーパミンを出す

「SMプレイ」には、やはり何かしらの道具を使うということもプレイが盛り上がることには欠かせないものになるかもしれません。

そこで、初心者が道具を選ぶのであれば最初はシンプルで必要最低限の機能を備えたものがいいでしょう。
ローターであればただ一定の強さで振動するもので十分ですし、バイブも無駄に凝った形や動きのものではなくシンプルなものがいいかもしれません。
いきなりあれやこれやと機能がついたハイスペックなものを使ってしまうと、ランクアップさせていくという楽しみが失われてしまいます。
簡単にいえば、自身のレベルが上がってそれにつれて装備もだんだん向上していくほうが楽しいといえるのです。

開発される側にとっても、一段一段ゆっくりとステップアップしていくと、徐々に開発されている自分というものが実感できて、よりよいMの女性に育ってくれるものです。
勉強やスポーツ、ゲームでもそうですが、成長していく実感というのを得られるかどうかというのは満足度にとても大きく影響してくるのです。

最初はなかなか覚えられなかった九九をスラスラ言えるようになった時、逆上がりができなくても何度もやっていくうちに楽勝で出来るようになった時などの体験というのは、とても気持ちのいいものだったと思われます。
いずれも成長が実感出来る時というのは、「ドーパミン」という脳内の快楽物質が出ている時です。
「ドーパミン」とは、物事が成功したり上達したと感じた時に出る脳内物質で、モルヒネやコカインといった麻薬に相当する快楽や効果を得ることができるので、「脳内麻薬」とも呼ばれているのです。



≪特選サイト≫
ローターやバイブを使用したプレイができる五反田のSMクラブです → 五反田 SMクラブ

Copyright © 2014 SMプレイと脳内麻薬の関係 All Rights Reserved.